サイトマップ個人情報保護方針
コンテンツ画像

取扱事件画像 所属弁護士画像
事務所案内画像
ご相談の流れ画像
料金について画像
アクセス画像


裁判員制度バナー
日本弁護士連合会バナー
鳥取県弁護士会バナー
弁護士検索サービス「ひまわりサーチ」バナー
Google

WWW を検索
このサイトを検索
TOP >取扱事件 >家事事件

 取扱事件 




離婚や遺産相続のような家庭に関する紛争である家事事件は、一般の民事事件とは解決方法が少し異なります。例えばあなたが夫(妻)と離婚したい場合を例に挙げてみましょう。

あなたが離婚をしたいと考え、夫(妻)が離婚に同意してくれたなら、法律上有効に離婚は成立します。多くの場合は、このような「協議離婚」によって離婚が成立するのがほとんどです。
では、夫(妻)が離婚に反対していたり、あるいは離婚には同意するが親権者をどちらにするかなどにもめごとがある場合は、どうなるのでしょうか。

一般の民事事件なら、話し合いで解決できない場合には、裁判となるのが普通でしょう。しかし、離婚の場合には、まず家庭裁判所で離婚の調停をしなければなりません。すなわち、いきなり裁判となるのではなく、その前に調停委員を交えて話し合いの場が設けられなければならず、これを「調停前置主義」といいます。調停の中でお互いが合意すれば離婚が成立します。これを「調停離婚」といいます。まれに、調停のなかで、家庭裁判所の審判により離婚を成立させる「審判離婚」もみられます。

そして、これら「調停離婚」や「審判離婚」でも離婚の合意に達しない場合に始めて、あなたは夫(妻)を相手として家庭裁判所に離婚訴訟を起こして離婚の請求をすることになり、離婚を認める判決が出れば離婚が成立します。これを「裁判離婚」といいます。

このように、裁判の前に必ず調停が行わなければならないところが一般の民事事件と異なるところです。家事事件は家庭内のもめごとであることから、その解決はできるだけ当事者同士の合意による解決を目指そうとしているのです。

しかし、当事者主体の解決とはいっても、できるだけ早い段階で法律の専門家が相談相手となってくれれば、あなたにとって最も有利な解決方法を実現することが可能となります。離婚をすべきか否かを迷っている段階でも、遠慮なくご相談下さい。私たち弁護士が、あなたに適切なアドバイスをいたします。


1 離婚問題

夫の暴力に耐えられず離婚しようか悩んでいる、幼い子どもを抱え離婚後の生活が心配で決心がつかない、子どもの親権を渡したくないなど、離婚をめぐる心の悩みや痛みは、あなたを傷つけ追い詰めていき、あなたは、出口のないトンネルの中をさまよっているように感じていらっしゃるかもしれません。

しかし、そのような心の悩みや痛みは、法律で解決することができるのです。私たち弁護士とともに法律に従って問題点をひとつひとつ解決し、勇気を持って一歩前に踏み出し、希望ある新しい人生の再スタートをすることもできるのです。

一人で悩んでいても解決できません。私たち専門家にご相談下さい。一緒にあなたにとって最善の解決策を見つけましょう。

2 遺産相続

あなたの夫(妻)、ご両親などが亡くなったとき、我が身を襲った不幸を悲しんでいるのも束の間、あなたには遺産相続という問題がのしかかってきます。誰が、どれだけの遺産を相続するのか。法律は、故人の遺言がなかったときのために法定相続分を定めています。

しかし、不動産の評価額についてもめたり、故人の世話をしてきた相続人がより多くの相続分を主張したりすれば、これから何年も遺産をめぐる争いが続いていくことになりかねません。それぞれに言い分はあるのかもしれません。

法律は、公平の観点から相続にまつわるもめごとについていくつかの規定を設けています。法律に従って解決することが、すべての相続人に公平で納得のいく結論が得られるのです。故人は身内同士の争いを決して望んではいないでしょう。

私たち法律の専門家にお任せ下さい。私たちと一緒に最善の解決策を見つけましょう。ご相談お待ちしております。

△ top